FXでがんばりスキャルピング!セカンドシーズン 2014バージョンクロシロ手法②

FXでがんばりスキャルピング!セカンドシーズン

仕事も落ち着きFXトレード再開です!手法などもバンバン公開中!

2014バージョンクロシロ手法②

新年明けましておめでとうございます!
O(≧∇≦)O

今年も淡々とトレードできるように
精神を鍛えていく所存でございまする!(笑


早速ですが・・・

年末に新クロシロトレード2014年バージョンを
紹介したのを覚えていますでしょうか?

少し更新時間が無く遅れてしまいましたが
お年玉企画ということでババーンと解説していきたいと思います!

20142本目


前回の画像はVQが上手く表示されていませんでしたので
こちらの画像で解説いたします。

何も書いていない状態なので
エントリーどころなどを考えてくださいね~


増やしたのはVQ、設定は(5,3,6,1)と
中段太いオレンジ線のBBand Width Ratio設定は(MAと同じ20日の+-2σをグラフ化しています)
の2種類になります。
どちらも流れに逆らわず、無駄トレードを減らすために導入しました。
使い方はエントリーサインではなくフィルターとして使います。


ではインジケーターの紹介も終わったところで本題の解説に移ります。

20142本目


この画像を解説用に持ってきましたが
すこぶる解説しずらい(苦笑

ま~、これで頑張りましょう!

私が解析した画像を表示させてみてくださいませ~


良い場所を画像を見ながら選んだわけではなく
この時間トレードしていたら入るであろうところにチェックを入れています。

正直、この画像の失敗はMA100が水平でトレンドがほとんど無い状態でのトレードになります。

しかし、より実践向きなのでこのチャートでいくことにしました。

上昇トレンド中にここで買うんですよ~
っという手法は儲かるのは当たり前です。
上昇が分かっているなら押し目でなくとも、適当に買っても儲かります。

如何にトレンドが無いときに上手くまとめるかが
トレーダーには重要になります。


そのことを踏まえて少し厳しいトレードを解説していきます。


矢印が私がエントリーするであろうところです。

1回目
100MAより20MAが上に来ており上昇の最初かと言う感じです。
VQも緑で上昇を示唆しております。
しかし。BBand Width Ratioが上昇していないので
この後の流れは勢いがあるかと言われると?になります。

ここは打診買いの場所になると思います。
脱出する準備をしながらのトレードになるでしょう。

この後、上昇は終わり下げてきたわけですが
水色の囲ったゾーンでは私はトレードしません。

20MAよりローソクが上ではないので買いは無し
100MAより20MAが上に来ており売りも無し


VQやストキャスは下方向を示唆していますが
MAの流れが悪いところは魔物が住んでいますので
ノータッチが無難です。

その後、MAがデットクロスしたところで売り目線になり
赤いボックスあたりが2回目のエントリーポイントになります。

BBand Width Ratioも20を超えてきており
クロシロトレードの10PIPS抜きなら問題なく狙えそうです。

ここで気になるのはストキャスの過熱感ですが
私みたいなトレンドフォローの場合、上下にへばりついていてくれるのであれば問題なく
それよりもへばりつきからの戻りを気をつけてトレードをしたいです。

そして、水色ゾーンですが前回と同じように
20MAより下にローソクがいないので売りは無し
100MAより20MAが下に来ており買いも無し


100MAと20MAの間は魔の谷なのでノータッチでいきましょう!

ただし、最後らへんに20MAを陰線で突き抜けていますので
あと2~3回陰線が続いて下抜けたら売りのチャンスが待っています。

そしてまさにそのチャンスがやってきたのが3回目です。

MAとローソクの位置
BBand Width Ratioの向き、上昇
VQの向きと色
ストキャスの下げ方とすべて理想的な下げです。

ほか2回は負けないようにトレードしていましたが
ここはしっかり狙ってロットを上げても良いでしょう。


勝つところでしっかり勝ち
後は負けないようにトレードする。

これがクロシロトレードの基本になります。

特に水色ゾーンの判断に気をつけてください!
ここで動けば魔物の餌食になるだけです。


少し長々と書きましたが
いかがでしたでしょうか?

質問も記事頑張ったねコメントも受け付けますので
コメント欄にどうぞ♪

クロシロトレードをより見やすくする方法も考えたので
披露しようと思いましたが
書くのに少し疲れましたので今度でいいですか?(笑


ブログ更新のモチベーションになるので応援していってね♪
     ↓      ↓       ↓ にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
[ 2014/01/05 09:20 ] 手法 | TB(0) | CM(6)
有難うございます
トレード解説有難うございます。
まさしく、基本に忠実といった印象です。。。

実際は、
「最後らへんに20MAを陰線で突き抜けていますので
あと2~3回陰線が続いて下抜けたら売りのチャンスが待っています。」
とありますが、このあたりが難しそうです。

また、これからも色々教えてください。
よろしくお願いします。

[ 2014/01/05 23:18 ] [ 編集 ]
Re: 有難うございます
2回目の水色ライン中に一回だけ20MAを割った場面があります。
実際は次の足で陽線が出たのでトレードは行いませんが
チャートを見る限りではそこで陰線が3本くらい続けばVQも赤色になり
ストキャスも良い場所にいます。
何より100MAより20MAが下で20MAを下抜ければ売りチャンスです♪
[ 2014/01/06 00:16 ] [ 編集 ]
ボラの見極め方
早速、返信いただきましてありがとうございます。
今日は、チャートを眺めているところですが、
ボラがあるかどうかの見極めも大事と思っておりますが、どのように見極められているのでしょうか?
もしくは、エントリーする時間帯とか絞られてますか?

もしよろしければ教えてください。
よろしくお願いいたします。
[ 2014/01/06 14:59 ] [ 編集 ]
Re: ボラの見極め方
ayakaさんこんばんは~

BBand Width Ratioのある中段に20と25の目盛りがあるんですが、ここを45度以上で抜けた場合はかなりの動きがあることが多いです。

逆に20を超えてもダラダラ超えてくるとエントリーチャンスを探すに苦労します(汗

25以上であればボラは大きいことが多いですが、上のほうから25に向けて下がってくるときはボラは収縮してますので気をつけてください。

時間帯は21時から24時の間がほとんどですね~
時間があれば夕方もトレードしやすいと思います。
[ 2014/01/08 23:41 ] [ 編集 ]
有難うございます
本当に丁寧にお答えいただきましてありがとうございます。

早速、チャートで勉強してみたいと思います。
[ 2014/01/09 08:01 ] [ 編集 ]
Re: 有難うございます
クロシロトレードとayakaさん流のトレードをミックスして
良いトレードライフになるように願っていますよ~♪
[ 2014/01/12 23:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FXの教科書的存在です!

ビクトリーメソッドアドバンスは私がFXを始めるにあたり一番最初に手に入れたFXの教科書です。
私が安定した成績が残せているのもこの商材のおかげです。
無裁量から学ぶFX

PLATINUM TURBO FXトレードシグナルが点灯しますのでFXを始める方にも取り組みやすいです。
ロジックが公開されておりサポートサイトでも裁量を取り入れたトレードが学べますのでトレードスキル向上に役立ちます。
プライスアクショントレード!

Dealing FX~プライスアクショントレードマニュアルはプライスアクションを交えた裁量トレードです。
「酒田五法」をよりFXにカスタマイズした手法でローソクの動きに対してその意味が理解できるようになります。
私のトレードもローソクの流れを読みプライスアクションを重要視しています。
ローソクの動きを勉強し効果的なトレードをしてください!
プロフィール

クロシロ

Author:クロシロ
30台前半のサラリーマン技術者です!
今ではサラリーマンの収入を超えるFX収入を得ています。
1日1時間、1回~4回のスキャルピングトレードで資産を作り、経済的自由を手に入れるべく奮闘します!
最近はスイングトレードも勉強中です~

FXで勝つためのヒント
デイトレンドFX
デイトレード手法とスキャルピング手法の2種類をご用意しており、 サラリーマン、主婦の方、また初心者、中級者以上等 どなたでにも対応できる教材となっております。
daytrendfx.jp

スキャルピングFXプロ
スキャルピング~スイング, 経済指標、通貨のクセ、あらゆる状況に応じたトレード手法とテクニックの「真髄」を教えます。 dealingfxjp.blog16.fc2.com

FXスキャルマスター!
今まで成果が出なかった人が、この気づきでトレードがガラリと変わる!
www.scalfx.com

メールフォーム
質問、相談お気軽に~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -