FXでがんばりスキャルピング!セカンドシーズン 手法

FXでがんばりスキャルピング!セカンドシーズン

仕事も落ち着きFXトレード再開です!手法などもバンバン公開中!

2018年最新バージョンのクロシロトレード解説です!③

皆さんこんにちは~

手法の解説も3回目になりましたね~


今回はどこでエントリーの判断をするのかを

画像を交えて説明しますね~♪

早速ですが画像を見てください!

チャートは1分足です。

kuroshiro4.png
(画像はクリックで大きくなります)

このチャートでは20期間のボリンジャーバンドには動きがありますが

100期間のボリンジャーバンドには動きがありませんね~


5分足の動きは全く無いということを表しています。

20期間のボリンジャーバンドだけだと少し動きがあるので

エントリーチャンスを探してしまうところです。


こういう場所でエントリーを繰り返すと

トータルでマイナスになる可能性が高いです。


100期間のボリンジャーバンドの±2σにタッチしたときに

初めてエントリーを意識するくらいでいいと思います。


というわけでこのチャートに私であればトレードチャンスはありませんでした。

トレンドフォローを意識してトレードしている方は

レンジかどうかの判断も重要なトレードスキルになります。


では次のチャートです。

kuroshiro3.jpg
(画像はクリックで大きくなります)

こちらにはトレードチャンスがあります。

1回目の青い囲いの中

バンドウォークしている場所であり

ブレイク又は20期間のボリンジャーミドルバンドからの

戻り売りが可能です。


2回目の赤の枠

トレンドの変換点であり、動きが複雑になるところです。

100期間のボリンジャーミドルバンドより下にローソクが推移しており

売り目線ではありますが100期間のボリンジャーバンド±2σより離れて

中央付近なので陽線、陰線が入り乱れて非常にエントリーが難しです。

2回目の赤の枠は様子見が良い判断だと思います。


3回目の青枠ですが

こちらはトレンドが転換し上昇がみられるところです。

100期間のボリンジャーミドルバンドより

20期間のボリンジャーミドルバンドが上にあり上向きです。


バンドウォークしており買いエントリーでチャンスを探す場所です。


画像を2枚見てもらいましたが

エントリーが出来そうなところなのか、無理そうなところなのかが

ふんわりでも分かっていただければ、あとはご自身の訓練あるのみです!


私はFXをする前は株をやっていましたが

共通することは利益を出すためには「待つ」ということが重要で

トレードチャンスが無いということを判断出来て

チャンスが来るまで待つことができるトレーダーが利益を出せます。



買いと売り以外にも「待つ」があることを忘れないでください。

では良いトレードを~♪


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
[ 2018/02/12 15:32 ] 手法 | TB(0) | CM(0)

2018年最新バージョンのクロシロトレード解説です!②

皆さんこんにちは~


前回は私がトレード使うインディケーターしか

紹介できませんでしたが

今回はトレードルールなどを紹介していきます!


以前からブログを見てくださっている方は

わかっていると思いますが

私は1分足を軸にスキャルピングを行い

押し目買い、戻り売りを主体にトレードを行って来ましたが

今回、ブレイクもトレードの一部として取り込んでいこうと思いまして

この手法を完成させました!
( ̄^ ̄)ゞ


私の手法は多分に裁量が入りますが

きちっとしたルールを設け

その上で裁量を発揮したトレードになっています。




まずルールの説明ですね~

20期間のボリンジャーバンドのミドルバンド

20移動平均線と同じだということは前回お話さてていただきました。

そしての100期間のボリンジャーバンドバンドミドル

100移動平均線であることは

前回紹介した通りです。


以前のクロシロトレードは生きていまして

押し目買いをしたければ

20期間のボリンジャーバンドのミドルバンド

100期間のボリンジャーバンドバンドミドル

超えていることを前提にエントリーができます。

戻り売りの場合は

20期間のボリンジャーバンドのミドルバンド

100期間のボリンジャーバンドバンドミドル

下に抜けていることが戻り売りができる条件です。

ブレイクに関しては説明が難しく画像を添付しますので確認してください。

kuroshiro1.png
(この画像はクリックで大きくなります)

ブレイクはボリンジャーバンドではバンドウォークと言ったりしますが

要は画像の線から線の間というのは20ボリンジャも100ボリンジャも

膨らんだり、収縮したりしながら下落トレンドを形成しています。

100ボリンジャが下落を示しているということは

5分足でも下落していることを確認できます。

ここに、ブレイクのエントリーチャンスがたくさんあるわけです。


逆に画像の左側にを打ってある箇所がわかりますでしょうか?


この場所は100ミドルバンドより20ミドルバンドが

上にある状態の買い目線ですが

100ボリンジャーと20ボリンジャーがバンドウォークしておらず。

様子見が賢明だと判断できます。


ブレイクの肝は

100ボリンジャーバンドと20ボリンジャーバンドが

バンドウォークしている形が上位足とも揃っているという判断ができますので

利益を伸ばしやすいと思います。



MACDに関しては棒グラフが先行線

線グラフが遅行線になっていますので

買いの場合は先行線が遅行線より上にある状態

売りの場合は先行線が遅行線より下にある状態

がエントリー時の望ましいカタチになります。


下からのゴールデンクロスが良いとか言いますが

そこは重要視しなくても問題ないかと思います。


ストキャスティクスについてですが

位置関係、強弱関係を見るために導入しているだけなので

クロスがどうとかのルールはストキャスティクスには設けていません。

あくまで今の相場の強弱を見るために見ています。


次回は具体的なチャート判断で解説していきます!

皆さんよいトレードを♪


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
[ 2018/02/10 10:10 ] 手法 | TB(0) | CM(0)

2018年最新バージョンのクロシロトレード解説です!①

皆さんこんにちは~

早いものでこのブログも6年書いてますね~
((∩^Д^∩))

やはりFXブログを書いていると手法についての質問が多いので

手法を公開して、より良い意見などを

ブログを読んでくださってる方にいただいて

試行錯誤しながら手法を改良し

私もトレーダーとして成長していきたいと思います!


普段のトレードはMT4を使いながらトレードを行っていますが

カスタマイズなども簡単にできますので非常におススメです!
(無料で使えますしね~♪)

ではさっそく私が使っている画面設定を紹介します。


キャプチャ
(画像はクリックで大きくなります)

私は普段デュアルモニターでトレードしています。

1枚目がこの画像になりますが

左からユーロ/円、ユーロ/ドル、ドル/円になります。

もう一つは1時間足や経済ニュースを表示させています。


私はこの3つの通貨でしかトレードを行っていません(スプレッドが狭いので)

ブログでいつもアップしている画像は

ユーロ/円、ユーロ/ドル、ドル/円の中から

チャンスのありそうな通貨で勝負しています。


使っているインディーケーターは以前よりもかなりシンプルにしました。

皆さんお使いのチャートソフトでも再現可能かとおもいます。

では、クロシロトレード使うインディケーターを紹介します。


ボリンジャーバンド

以前はBBand Width Ratioを使っていましたが

ローソクに表示させたかった為

皆さんお馴染みのボリンジャーバンドの±2σを使っています。

ボリンジャーバンドのミドルバンドはMAと同じ動きをしますので

期間20で設定していれば今までのクロシロトレード同じ

MA20と同じ動きをします。


もう一つ表示させているのはボリンジャーバンドの期間100になります。

こいつがなかなか使える設定でして

1分足の5倍が5分足になりますので

1分足での期間100は5分足の期間20になります!

つまり、1分足の期間20のボリンジャーバンドと

5分足の期間20のボリンジャーバンドを

チャートに同時表示させていることになります。


以前のクロシロトレードも20MAと100MAを使ってましたが

ボリンジャーバンドを使用することにより

よりトレンドの勢いの強弱を判断することができます。

1分足と5分足を頻繁に行き来せずに全体の流れを判断できます。




MACD

こちらも皆さんお使いだと思います。

設定は12.26.9と一番オーソドックスなものを使っています。

普段皆さんがお使いのMACDは

先行するのも後から追いかけてくるのも線で表示していると思いますが

私は先行する線を棒グラフで表示させています。

こうすることでゴールデンクロスで買い!やデットクロスで売り!

といったオーソドックスすぎてダマシに合いそうなトレードを

見方を変えることにより避けられるかもしれないという思いがあります。

MACDはトレンドを判断するときに素晴らしい助けになるので

使いこなせれば良いトレーダーになれます。




ストキャスティクス

こちらも皆さんお使いでしょう!

有名インディケーターですね~

設定は%Kを14、%Dを3にしています。

MA4の初期の設定では%Kを5、%Dを3で設定されていますが

あまりにも機敏に動くため緩やかに動くように設定し直しました。




以上でクロシロトレードで使うインディケーターの紹介は終了です。

今回はインディケーターを補足を交えて紹介しただけで

恐ろしく長くなってしまったので、トレードの具体的な説明は次回行います!

では、よいトレードを♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
[ 2018/02/03 08:19 ] 手法 | TB(0) | CM(2)

2014バージョンクロシロ手法②

新年明けましておめでとうございます!
O(≧∇≦)O

今年も淡々とトレードできるように
精神を鍛えていく所存でございまする!(笑


早速ですが・・・

年末に新クロシロトレード2014年バージョンを
紹介したのを覚えていますでしょうか?

少し更新時間が無く遅れてしまいましたが
お年玉企画ということでババーンと解説していきたいと思います!

20142本目


前回の画像はVQが上手く表示されていませんでしたので
こちらの画像で解説いたします。

何も書いていない状態なので
エントリーどころなどを考えてくださいね~


増やしたのはVQ、設定は(5,3,6,1)と
中段太いオレンジ線のBBand Width Ratio設定は(MAと同じ20日の+-2σをグラフ化しています)
の2種類になります。
どちらも流れに逆らわず、無駄トレードを減らすために導入しました。
使い方はエントリーサインではなくフィルターとして使います。


ではインジケーターの紹介も終わったところで本題の解説に移ります。

20142本目


この画像を解説用に持ってきましたが
すこぶる解説しずらい(苦笑

ま~、これで頑張りましょう!

私が解析した画像を表示させてみてくださいませ~


良い場所を画像を見ながら選んだわけではなく
この時間トレードしていたら入るであろうところにチェックを入れています。

正直、この画像の失敗はMA100が水平でトレンドがほとんど無い状態でのトレードになります。

しかし、より実践向きなのでこのチャートでいくことにしました。

上昇トレンド中にここで買うんですよ~
っという手法は儲かるのは当たり前です。
上昇が分かっているなら押し目でなくとも、適当に買っても儲かります。

如何にトレンドが無いときに上手くまとめるかが
トレーダーには重要になります。


そのことを踏まえて少し厳しいトレードを解説していきます。


矢印が私がエントリーするであろうところです。

1回目
100MAより20MAが上に来ており上昇の最初かと言う感じです。
VQも緑で上昇を示唆しております。
しかし。BBand Width Ratioが上昇していないので
この後の流れは勢いがあるかと言われると?になります。

ここは打診買いの場所になると思います。
脱出する準備をしながらのトレードになるでしょう。

この後、上昇は終わり下げてきたわけですが
水色の囲ったゾーンでは私はトレードしません。

20MAよりローソクが上ではないので買いは無し
100MAより20MAが上に来ており売りも無し


VQやストキャスは下方向を示唆していますが
MAの流れが悪いところは魔物が住んでいますので
ノータッチが無難です。

その後、MAがデットクロスしたところで売り目線になり
赤いボックスあたりが2回目のエントリーポイントになります。

BBand Width Ratioも20を超えてきており
クロシロトレードの10PIPS抜きなら問題なく狙えそうです。

ここで気になるのはストキャスの過熱感ですが
私みたいなトレンドフォローの場合、上下にへばりついていてくれるのであれば問題なく
それよりもへばりつきからの戻りを気をつけてトレードをしたいです。

そして、水色ゾーンですが前回と同じように
20MAより下にローソクがいないので売りは無し
100MAより20MAが下に来ており買いも無し


100MAと20MAの間は魔の谷なのでノータッチでいきましょう!

ただし、最後らへんに20MAを陰線で突き抜けていますので
あと2~3回陰線が続いて下抜けたら売りのチャンスが待っています。

そしてまさにそのチャンスがやってきたのが3回目です。

MAとローソクの位置
BBand Width Ratioの向き、上昇
VQの向きと色
ストキャスの下げ方とすべて理想的な下げです。

ほか2回は負けないようにトレードしていましたが
ここはしっかり狙ってロットを上げても良いでしょう。


勝つところでしっかり勝ち
後は負けないようにトレードする。

これがクロシロトレードの基本になります。

特に水色ゾーンの判断に気をつけてください!
ここで動けば魔物の餌食になるだけです。


少し長々と書きましたが
いかがでしたでしょうか?

質問も記事頑張ったねコメントも受け付けますので
コメント欄にどうぞ♪

クロシロトレードをより見やすくする方法も考えたので
披露しようと思いましたが
書くのに少し疲れましたので今度でいいですか?(笑


ブログ更新のモチベーションになるので応援していってね♪
     ↓      ↓       ↓ にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
[ 2014/01/05 09:20 ] 手法 | TB(0) | CM(6)

2014バージョンクロシロ手法①

もう早いもので12月です。

年末になり、新しい年を迎えますので

ここいらでいろいろ使っているインディケーターなどの

説明を行いたいと思います。


基本的なエントリー基準は前回と変わりありませんが

無駄トレードを省くと言う点でかなりの効果を発揮してくれています。


MAの向きにに逆らわず、オシレーター系で押し目を見つけるというのが

王道かつ勝ちやすいトレード手法ではないでしょうか?



と去年から言っていますが

いろんな手法であれバランスを考えればここに行き着くと思います。


MACDとストキャスティクス

MAとRSI

平均足とDMI

トレンドフォロー系とオシレーター系の組み合わせは

探せばいくらでも組み合わせはあります。


そこをあれこれ探し出し、検証し、身に付ける訓練をする。


私はこのブログで手法をお伝えしていますが

それを真似ても私レベルにしかなりませんので

是非、私以外の手法も検証し最終的には自分の手法を確立してください。


ただ。ローリスク/ローリターンの手法であれば

私のやり方はかなり有利だと思いますので

初心者の方はまずは私のやり方で訓練を

というのは悪くないと思います。


ここのブログを参考に大きく羽ばたいていただければ幸いです。


では

新しく追加したインディケーターを紹介します。


BBand Width Ratio

真ん中のオレンジの線になります。

BBバンドの動きを表して

右肩上がりのときはトレンド状態になっていることを意味します。
(BBバンドで言うと線が膨らんでいる状態です)

BBand Width Ratioは視覚的に捉えやすく

右肩上がりのときにエントリーすればソコソコ値幅を狙うことが出来ます。

上段はMAだけにシンプルに行きたかったので探し出してきました。


VQ

いわずと知れた流れを知るためのインディケーターです。

昔は流行りましたが、なぜ廃れたのか分からないぐらい見やすくて

私は結構好きですけどね~


フィルターとして使うことが多いですね。

サインとしてはほぼ使っていません。


BBand Width Ratioが上向いている時に

VQの色で方向を決める。


これだけでロングで入るのか、ショートで入るのか、休むのか

の3つの選択肢が確実に取れますので

入る方向を極端に間違えて、入った瞬間逆方向に持っていかれるということは

減るのではないでしょうか。


では手法の説明ですが

恒例のシンキングタイムです。

画像を提示しますので

どこで入るのか

どこで休むのか

旧手法なども参考に考えてみてください!

20142本目


(クリックで大きくなります)


私の考えを先に述べるより

このほうが勉強になると思います。


後ほど解説いたしますが

私より良いポイントでエントリーできれば

クロシロトレード免許皆伝です(笑



にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
[ 2013/12/15 08:00 ] 手法 | TB(0) | CM(2)
FXの教科書的存在です!

ビクトリーメソッドアドバンスは私がFXを始めるにあたり一番最初に手に入れたFXの教科書です。
私が安定した成績が残せているのもこの商材のおかげです。
無裁量から学ぶFX

PLATINUM TURBO FXトレードシグナルが点灯しますのでFXを始める方にも取り組みやすいです。
ロジックが公開されておりサポートサイトでも裁量を取り入れたトレードが学べますのでトレードスキル向上に役立ちます。
プライスアクショントレード!

Dealing FX~プライスアクショントレードマニュアルはプライスアクションを交えた裁量トレードです。
「酒田五法」をよりFXにカスタマイズした手法でローソクの動きに対してその意味が理解できるようになります。
私のトレードもローソクの流れを読みプライスアクションを重要視しています。
ローソクの動きを勉強し効果的なトレードをしてください!
プロフィール

クロシロ

Author:クロシロ
30台前半のサラリーマン技術者です!
今ではサラリーマンの収入を超えるFX収入を得ています。
1日1時間、1回~4回のスキャルピングトレードで資産を作り、経済的自由を手に入れるべく奮闘します!
最近はスイングトレードも勉強中です~

FXで勝つためのヒント
デイトレンドFX
デイトレード手法とスキャルピング手法の2種類をご用意しており、 サラリーマン、主婦の方、また初心者、中級者以上等 どなたでにも対応できる教材となっております。
daytrendfx.jp

スキャルピングFXプロ
スキャルピング~スイング, 経済指標、通貨のクセ、あらゆる状況に応じたトレード手法とテクニックの「真髄」を教えます。 dealingfxjp.blog16.fc2.com

FXスキャルマスター!
今まで成果が出なかった人が、この気づきでトレードがガラリと変わる!
www.scalfx.com

メールフォーム
質問、相談お気軽に~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30