FC2ブログ

2014バージョンクロシロ手法① - FXでがんばりスキャルピング!セカンドシーズン

2014バージョンクロシロ手法①

もう早いもので12月です。

年末になり、新しい年を迎えますので

ここいらでいろいろ使っているインディケーターなどの

説明を行いたいと思います。


基本的なエントリー基準は前回と変わりありませんが

無駄トレードを省くと言う点でかなりの効果を発揮してくれています。


MAの向きにに逆らわず、オシレーター系で押し目を見つけるというのが

王道かつ勝ちやすいトレード手法ではないでしょうか?



と去年から言っていますが

いろんな手法であれバランスを考えればここに行き着くと思います。


MACDとストキャスティクス

MAとRSI

平均足とDMI

トレンドフォロー系とオシレーター系の組み合わせは

探せばいくらでも組み合わせはあります。


そこをあれこれ探し出し、検証し、身に付ける訓練をする。


私はこのブログで手法をお伝えしていますが

それを真似ても私レベルにしかなりませんので

是非、私以外の手法も検証し最終的には自分の手法を確立してください。


ただ。ローリスク/ローリターンの手法であれば

私のやり方はかなり有利だと思いますので

初心者の方はまずは私のやり方で訓練を

というのは悪くないと思います。


ここのブログを参考に大きく羽ばたいていただければ幸いです。


では

新しく追加したインディケーターを紹介します。


BBand Width Ratio

真ん中のオレンジの線になります。

BBバンドの動きを表して

右肩上がりのときはトレンド状態になっていることを意味します。
(BBバンドで言うと線が膨らんでいる状態です)

BBand Width Ratioは視覚的に捉えやすく

右肩上がりのときにエントリーすればソコソコ値幅を狙うことが出来ます。

上段はMAだけにシンプルに行きたかったので探し出してきました。


VQ

いわずと知れた流れを知るためのインディケーターです。

昔は流行りましたが、なぜ廃れたのか分からないぐらい見やすくて

私は結構好きですけどね~


フィルターとして使うことが多いですね。

サインとしてはほぼ使っていません。


BBand Width Ratioが上向いている時に

VQの色で方向を決める。


これだけでロングで入るのか、ショートで入るのか、休むのか

の3つの選択肢が確実に取れますので

入る方向を極端に間違えて、入った瞬間逆方向に持っていかれるということは

減るのではないでしょうか。


では手法の説明ですが

恒例のシンキングタイムです。

画像を提示しますので

どこで入るのか

どこで休むのか

旧手法なども参考に考えてみてください!

20142本目


(クリックで大きくなります)


私の考えを先に述べるより

このほうが勉強になると思います。


後ほど解説いたしますが

私より良いポイントでエントリーできれば

クロシロトレード免許皆伝です(笑



タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

3箇所?

さっそく、まとめてくださりまして有難うございます。
3箇所ほどエントリーできそうなポイントがあると思いますが、いかがでしょうか。

あと、
BBand Width Ratioの設定はどのような設定でしょうか。
VQが表示されていない気がするのですが・・・。

よろしくお願いいたします。

2013-12-17 17:27 from ayaka

Re: 3箇所?

ayakaさんこんばんは~

仕事が忙しく更新が出来ずにいますが
年末は忙しいのでお許しを♪

VQですが
分かりやすいチャートを探していたら
表示が切れていました・・・

申し訳ない・・・
新しい画像を差し替えますのでお許しを・・・

2013-12-22 22:12 from クロシロ

トラックバック
Copyright © FXでがんばりスキャルピング!セカンドシーズン All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます